0120-246-005
9:00〜20:00(平日/土日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
question
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

領収書等が残っていませんが、過払い請求できますか?

司法書士:小寺敬二のアドバイス

サラ金等で借り入れをするときにもらう契約書とか、毎月ATMで返済するときに発行される領収書。家族に内緒もしくはいいづらいので、これらの書類は捨てるというかたが多いです。また多重債務のかたは利用期間が長い(20年以上のかたも!)のでその間にとっておいた書類をなくすかたも多いです。
債務整理や過払い請求を躊躇される理由として「資料がなにも残っていないので、自分の場合が手続きができない」と思い込んでいることがあります。

ほとんどのケースは、領収書等が残っていなくても大丈夫

ところが、ほとんどのケースは、領収書等が残っていなくても大丈夫です。みなさん、自分ではなにも領収書等の書類を残していないのに、きちんと過払い請求をおこなえています。なぜなら、相手(貸金業者)が、あなたの取引履歴を保管しているからです。しかも、その取引履歴は、債務者が請求すれば、相手は開示しなければなりませんので、その結果、取引履歴を入手することができるわけです。取引履歴を入手できれば、あとはそれを計算(これはパソコンでおこないますが)することで過払い金額がわかりますので、相手に請求していくことが可能になります。

もっと詳しく見る
「借金で悩んだら・・・」支援メニュー
債務整理に関するご相談はこちら
電話でのお問い合わせ

0120-246-005

フォームでのお問い合わせ
【司法書士法人・行政書士事務所みらいふ】の初回無料相談会

過払い金問題、高すぎる利子、失業により返済不能になったなどの借金問題全般に関して相談会をおこなっております。
初回のご相談は無料です。お気軽にお申し込みください。
→初回無料相談会とは?

フリーダイヤル:0120-246-005
(または 0547-30-4010)

平日の夜や土・日・祝の相談にも応じます(完全予約制)

【みらいふ】では、お仕事で日中お時間がとれないかたについては、平日の夜や土・日・祝のご相談も応じています(完全予約制)。お気軽にお申し込みください。

出張相談にも応じます

「本人を事務所に連れて行きたいけど、本人が行ってくれない」そんなことでお困りではありませんか。このような場合、こちらからご指定の場所に出向くことも可能です。また、ご家族のかたからの電話相談〈無料)もお受けしています。遠慮なくお電話ください。

投稿日:
タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みらいふが選ばれる4つの理由:夜間・土曜・日曜も相談受付!いつでも、すぐに相談可能/明確でオープンな料金体系!事前見積もりを徹底/複数スタッフ担当制で1件1件を手厚くサポート!/累計1万件を超える豊富な実績!
経験豊富な司法書士がみなさまの「困った。どうしよう?」を解決します!無料相談のお申し込みはこちら(サービスエリア:志太・榛原地区を中心にした静岡県全域)
お気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-246-005まで。受付時間 9:00~20:00(年中無休・土日も対応)
ページの先頭へ